バイナリ・グレイコード出力変換器 NCV-25N

製品概要

バイナリ・グレイコード変換器 NCV-25N

NCV-25Nはエヌエスディの位置検出センサであるアブソコーダの変換部です。アブソコーダ検出器と組み合わせることで、位置情報をバイナリ・グレイコードで出力します。

資料ダウンロードはこちら

形式選定

NCV-25N[1][2][3]

[1]出力コード
記号 出力コード
B バイナリ
G グレイ
[2]出力方式
記号 出力方式
N シンクタイプ
P ソースタイプ
[3]適用検出器
記号 検出器
V1 VRE-S028/VRE-S062
M2 MRE-32SS062/MRE-G□SS062
(□:64/128/160/256/320/640/1280/2560)

システム構成

図:システム構成 1回転型(VRE) 多回転型(MRE)

仕様

一般仕様

項目 仕様
電源電圧 DC24V±10%(リップルを含む)
消費電力 7W以下
絶縁抵抗 20MΩ以上(DC500Vメガ) [DC電源端子一括とアース間]
耐電圧 AC500V 60Hz 1分間[DC電源端子一括とアース間]
耐振動 20m/s2 10〜500Hz・5分×10サイクル・3方向(JIS C0040に準拠)
使用周囲温度 0〜+55℃(氷結しないこと)
使用周囲湿度 20〜90%RH(結露しないこと)
接地 D種接地(第3種接地)
構造 盤内蔵ブックシェルフ型、DINレール取付可能
外形寸法(mm) 39(W)×155(H)×93(D)
質量 約0.4kg

性能仕様

項目 仕様
形式 NCV-25NBNV1
NCV-25NGNV1
NCV-25NBNM2
NCV-25NGNM2
検出軸数 1
位置データ
サンプリングタイム
0.1ms
ステータス出力信号 ラッチパルス(位置データ読込タイミング信号):1点
センサ未接続異常(正論理):1点
入力信号 位置データホールド信号:1点
パネル面操作機能 現在値設定
スイッチ(製品裏面) 位置データ増加方向(CW/CCW)設定:1点
位置データ更新周期 高速 0.1ms
0.2ms
0.4ms
0.8ms
低速 12.8ms
25.6ms
51.2ms
ホールド信号方式 トランスペアレント方式
PCシンクロ方式
モニタLED センサ未接続エラー表示、位置データ表示
ラッチパルス出力表示、ホールド入力信号状態表示

アブソコーダ検出器の分割数・分解能・ケーブル長

VRE 1回転型

項目 仕様
形式 NCV-25NBNV1 NCV-25NGNV1
出力コード バイナリ グレイ
適用検出器 VRE-S028,VRE-S062
総回転回数 1
分割数 4096(212)
最大センサケーブル長 ロボット(RBT) 100m

MRE 多回転型

項目 仕様
形式 NCV-25NBNM2 NCV-25NGNM2
出力コード バイナリ グレイ
適用検出器 MRE-
32SS
MRE-
G64SS
MRE-
G128SS
MRE-
G160SS
MRE-
G256SS
MRE-
G320SS
MRE-
G640SS
MRE-
G1280SS
MRE-
G2560SS
総回転回数 32 64 128 160 256 320 640 1280 2560
1回転分割数 4096 2048 1024 819.2 512 409.6 204.8 102.4 51.2
総分割数 131072(217)
最大センサ
ケーブル長
ロボット
(RBT)
100m

入出力仕様

項目 仕様
形式 NCV-25NBNV1
NCV-25NGNV1
NCV-25NBNM2
NCV-25NGNM2
入力 入力信号 HD(位置データホールド):1点
入力回路 DC入力、フォトカプラ絶縁
入力論理 負論理
定格入力電圧 DC12〜24 V(DC10〜27 V)
定格入力電流 10mA
ON電圧 DC10 V 以上
OFF電圧 DC4 V以下
出力 出力信号 位置データ D0D11:12点 D0D16:17点
  LP(ラッチパルス:位置データ読込タイミング):1点
SE(センサ未接続異常):1点
出力回路 オープンドレイン、シンク出力、フォトカプラ絶縁
出力論理 D0D11,LP:負論理
SE:正論理
D0D16,LP:負論理
SE:正論理
定格負荷電圧 DC12 V〜24 V (DC30 V Max.)
最大負荷電流 D0D11,LP,SE:50 mA/点 D0D16,LP,SE:50 mA/点
ON時最大電圧降下 0.8 V

外形図

  • PDFダウンロード