PLCユニット型変換器

製品概要

PLCユニット型変換器

PLCユニット型変換器はエヌエスディの位置検出センサであるアブソコーダの変換部です。アブソコーダ検出器と組み合わせることで位置情報を出力します。

PLCユニット型変換器は各社のPLCのベースユニットに装着して使用します。三菱電機製MELSEC、東芝製PROSEC、富士電機製MICREXなどの各社のPLCに対応した製品をご用意しています。既設のPLCと組み合わせることで簡単に位置検出や位置決めを実現できます。

資料ダウンロードはこちら

MELSEC iQ-Rシリーズ対応 バイナリコード出力変換器 VS-R62B

VS-R62Bは三菱電機製MELSEC iQ-Rシリーズに対応したPLCユニット型変換器です。アブソコーダ検出器と組み合わせることで、位置情報をバイナリコードで出力します。

MELSEC iQ-R用プロファイル(CSP+)はダウンロード・サポートサイト(ネットワーク定義ファイル)よりダウンロード願います。

写真:MELSEC-Qシリーズ対応 位置決めコントローラ VS-R62B

形式選定

VS-R62B-[1]

[1]適用検出器
記号 検出器
VP VRE-P028/VRE-P062/VRE-WP062
MP MRE-32SP062/MRE-W32SP062/MRE-G□SP062/MRE-WG□SP062(□:64/128/160/256/320)/ラピナック/ワイヤランナ

適用システム

適用CPU R04CPU R08CPU R16CPU R32CPU R120CPU

システム構成

図:システム構成 1回転型(VRE) 多回転型(MRE) センサ内蔵製品(ラピナック) センサ内蔵製品(ワイヤランナ) 防水型 1回転型(VRE) 防水型 多回転型(MRE)

仕様

一般仕様

項目 仕様
使用周囲温度 0〜55℃(結露・氷結しないこと)
耐振動 JISB3502
IEC61131-2
に準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X,Y,Z各方向10回
(80分間)
5〜8.4Hz - 3.5mm
8.4〜150Hz 9.8m/s2(1G) -
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
5〜8.4Hz - 1.75mm
8.4〜150Hz 4.9m/s2(0.5G) -
耐衝撃 JISB3502、IEC61131-2に準拠(147m/s2(15 G), X,Y,Z 3方向各3回)
使用雰囲気 腐食性ガスがないこと
使用標高 2000m以下
設置場所 制御盤内
オーバーボルテージカテゴリ 2以下
汚染度 2以下
装置クラス Class 1
内部消費電流 0.7 A (DC5 V)
質量 0.2kg

性能仕様

項目 仕様
形式 VS-R62B-VP VS-R62B-MP
適用検出器 VRE-P028 VRE-P062 MRE-32SP062 MRE-G□SP062
位置検出方式 アブソリュート位置検出
分割数 8192分割×1回転 4096分割×32回転〜
409.6 分割×320回転
検出軸数 1
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置データ
サンプリングタイム
0.1ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、現在値設定
最大センサ
ケーブル長
標準(S) 100m 100m 100m 100m
ロボット(RBT) 100m 100m 40m 70m

外形図

  • PDFダウンロード

MELSEC-Qシリーズ対応 位置決めコントローラ VS-Q62

VS-Q62は三菱電機製MELSEC-Qシリーズに対応したPLCユニット型位置決めコントローラです。アブソコーダ検出器と組み合わせることで、簡単に位置決めを実現します。

写真:MELSEC-Qシリーズ対応 位置決めコントローラ VS-Q62

形式選定

VS-Q62[1]-[2]

[1]パルス出力
記号 パルス出力
無し
P 有り
[2]適用検出器
記号 検出器
M2PG MRE-32SP062/MRE-W32SP062/MRE-G□SP062/MRE-WG□SP062(□:64/128/160/256/320)/ラピナック/ワイヤランナ
L VLS-256PWB/VLS-W256PWBC4/VLS-512PWB/VLS-W512PWBC4VLS-1024PW
VLS-512PYB/VLS-1024PYB/VLS-2048PY
M VRE-S028/VRE-S062/MRE-32SS062/MRE-G□SP062

適用システム

適用CPU Q00JCPU Q00CPU Q01CPU Q02CPU Q02HCPU Q06HCPU
Q12HCPU Q25HCPU Q02PHCPU Q06PHCPU Q12PHCPU Q25PHCPU
Q04UDPVCPU Q06UDPVCPU Q13UDPVCPU Q26UDPVCPU Q12PRHCPU Q25PRHCPU
Q00UJCPU Q00UCPU Q01UCPU Q02UCPU Q03UDCPU Q04UDHCPU
Q06UDHCPU Q10UDHCPU Q13UDHCPU Q20UDHCPU Q26UDHCPU Q03UDECPU
Q04UDEHCPU Q06UDEHCPU Q10UDEHCPU Q13UDEHCPU Q20UDEHCPU Q26UDEHCPU
Q50UDEHCPU Q100UDEHCPU Q03UDVCPU Q04UDVCPU Q06UDVCPU Q13UDVCPU
Q26UDVCPU Q06CCPU-V Q06CCPU-V-B Q12DCCPU-V Q24DHCCPU-V Q24DHCCPU-LS
Q01WCPU-W1-J Q01WCPU-W1-CF-J Q01WCPU-W1-E
Q01WCPU-W1-CF-E PPC-100-DC5511 PPC-100-DC5311
リモート
I/O局
QJ72LP25-25 QJ72LP25G Q72BR15      

システム構成

図:システム構成 1回転型(VRE) 多回転型(MRE) 直線型(VLS) センサ内蔵製品(ラピナック) センサ内蔵製品(ワイヤランナ) 防水型 多回転型(MRE)

仕様

一般仕様

項目 仕様
使用周囲温度 0〜55℃(結露・氷結しないこと)
耐振動 JISB3502
IEC61131-2
に準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X,Y,Z各方向10回
(80分間)
10〜57Hz - 0.075mm
57〜150Hz 9.8m/s2(1G) -
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
10〜57Hz - 0.035mm
57〜150Hz 4.9m/s2(0.5G) -
耐衝撃 JISB3502、IEC61131-2に準拠(147m/s2(15 G), X,Y,Z 3方向各3回)
使用雰囲気 腐食性ガスがないこと
使用標高 2000m以下
オーバーボルテージカテゴリ 2以下
汚染度 2以下
内部消費電流 0.7 A (DC5 V)
質量 0.2kg

性能仕様

項目 仕様
形式 VS-Q62-M2PG
VS-Q62P-M2PG
VS-Q62-L
VS-Q62P-L
適用検出器 MRE-32SP062 MRE-G□SP062 RP-3020PRB□ VLS-□PW VLS-□PY
位置検出方式 アブソリュート位置検出 アブソリュート位置検出
分割数 4096分割×32回転〜
409.6 分割×320回転
VLS-□PW:256〜1024mm/65536 分割
VLS-□PY:512〜2048mm/131072分割
検出軸数 1
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置決め
機能
制御方式 1方向位置決め、または2方向位置決め
制御出力信号 正転、逆転、高速、低速、ブレーキ解除、一致、位置決め中、動作異常
スイッチ
出力機能
プログラム数 1
スイッチ出力数 スイッチ出力機能専用時:8、位置決め機能併用時:3
マルチドグ数 1スイッチ出力あたり5回
位置データ
サンプリングタイム
0.2ms
応答時間 スイッチ出力
位置決め出力
0.8ms
現在値出力 0.4ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、位置決め、スイッチ出力、現在値プリセット、
JOG運転、A/B相パルス出力(VS-Q62P)
最大センサ
ケーブル長
標準(S) 100m 100m 100m 100m 60m
ロボット(RBT) 40m 70m 70m 50m 30m
項目 仕様
形式 VS-Q62-M
VS-Q62P-M
適用検出器 VRE-S028, VRE-S062
MRE-32SS062, MRE-G□SS062
位置検出方式 アブソリュート位置検出
セミアブソリュート位置検出
分割数 VRE-S:4096分割×1回転〜4096分割×4096回転
MRE:4096分割×32回転〜51.2 分割×2560回転
検出軸数 1
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置決め
機能
制御方式 1方向位置決め、または2方向位置決め
制御出力信号 正転、逆転、高速、低速、ブレーキ解除、一致、位置決め中、動作異常
スイッチ
出力機能
プログラム数 1
スイッチ出力数 スイッチ出力機能専用時:8、位置決め機能併用時:3
マルチドグ数 1スイッチ出力あたり5回
位置データ
サンプリングタイム
0.4ms
応答時間 スイッチ出力
位置決め出力
1.6ms
現在値出力 0.8ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、位置決め、スイッチ出力、現在値プリセット、
JOG運転、A/B相パルス出力(VS-Q62P)
最大センサ
ケーブル長
標準(S) -
ロボット(RBT) 100m

入出力仕様

項目 仕様
入力 入力信号 現在値プリセット入力…2点
入力回路 DC入力、フォトカプラ絶縁
定格入力電圧 DC12V DC24V
定格入力電流 3mA 6.5mA
使用電圧範囲 DC10.2〜30V
ON電圧 DC10V以上
OFF電圧 DC2V以下
コモン方式 2点1コモン(コモン端子:B1,B2)
出力 出力信号 現在値検出機能専用時 出力なし
スイッチ出力機能専用時 スイッチ出力…8点
位置決め機能併用時 スイッチ出力…0点
位置決め信号出力…8点
出力回路 トランジスタ(オープンコレクタ)出力、フォトカプラ絶縁
定格負荷電圧 DC12/24V
使用負荷電圧範囲 DC10.2〜30V
最大負荷電流 50mA
ON時最大電圧降下 1.0V(50mA時)
コモン方式 8点1コモン(コモン端子:A1,A2)
パルス
出力*1
出力信号 A+/A-、B+/B-
出力回路 ラインドライバ出力(AM26C31C相当)
最大負荷電流 ±20mA max./1点
差動出力電圧 2.0V以上 (Io=20mA)
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
最小負荷抵抗 100Ω min.
外部供給電源*2 0.2 A(DC5V:DC4.75〜5.25V)
最高周波数 100 kHz
外部接続方式 24ピンコネクタ
  • *1:VS-Q62Pのみの機能です。
  • *2:パルス出力回路に、外部供給電源(DC5 V)が必要です。

外形図

  • PDFダウンロード

MELSEC-Qシリーズ対応 バイナリコード出力変換器 VS-Q62B

VS-Q62Bは三菱電機製MELSEC-Qシリーズに対応したPLCユニット型変換器です。アブソコーダ検出器と組み合わせることで、位置情報をバイナリコードで出力します。

写真:MELSEC-Qシリーズ対応 バイナリコード出力変換器 VS-Q62B

形式選定

VS-Q62B[1]-[2]

[1]パルス出力
記号 パルス出力
無し
P 有り
[2]適用検出器
記号 検出器
V1PG VRE-P028/VRE-P062/VRE-WP062
V2 VRE-16TS062
M2PG MRE-32SP062/MRE-W32SP062/MRE-G□SP062/MRE-WG□SP062(□:64/128/160/256/320)/ラピナック/ワイヤランナ
LP VLS-8PS/VLS-16PS/VLS-32PS/VLS-16PS64B/VLS-8PSJ20A/VLS-8PSJ20B
C CSA/SBA/SBH/IRS-51.2(Inrodsensor)

適用システム

適用CPU Q00JCPU Q00CPU Q01CPU Q02CPU Q02HCPU Q06HCPU
Q12HCPU Q25HCPU Q02PHCPU Q06PHCPU Q12PHCPU Q25PHCPU
Q04UDPVCPU Q06UDPVCPU Q13UDPVCPU Q26UDPVCPU Q12PRHCPU Q25PRHCPU
Q00UJCPU Q00UCPU Q01UCPU Q02UCPU Q03UDCPU Q04UDHCPU
Q06UDHCPU Q10UDHCPU Q13UDHCPU Q20UDHCPU Q26UDHCPU Q03UDECPU
Q04UDEHCPU Q06UDEHCPU Q10UDEHCPU Q13UDEHCPU Q20UDEHCPU Q26UDEHCPU
Q50UDEHCPU Q100UDEHCPU Q03UDVCPU Q04UDVCPU Q06UDVCPU Q13UDVCPU
Q26UDVCPU Q06CCPU-V Q06CCPU-V-B Q12DCCPU-V Q24DHCCPU-V Q24DHCCPU-LS
Q01WCPU-W1-J Q01WCPU-W1-CF-J Q01WCPU-W1-E
Q01WCPU-W1-CF-E PPC-100-DC5511 PPC-100-DC5311
リモート
I/O局
QJ72LP25-25 QJ72LP25G Q72BR15      

システム構成

図:システム構成 1回転型(VRE) 多回転型(MRE) 直線型(VLS) センサ内蔵製品(ラピナック) センサ内蔵製品(ワイヤランナ) 防水型 1回転型(VRE) 防水型 多回転型(MRE)

仕様

一般仕様

項目 仕様
使用周囲温度 0〜55℃(結露・氷結しないこと)
耐振動 JISB3502
IEC61131-2
に準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X,Y,Z各方向10回
(80分間)
10〜57Hz - 0.075mm
57〜150Hz 9.8m/s2(1G) -
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
10〜57Hz - 0.035mm
57〜150Hz 4.9m/s2(0.5G) -
耐衝撃 JISB3502、IEC61131-2に準拠(147m/s2(15 G),X,Y,Z 3方向各3回)
使用雰囲気 腐食性ガスがないこと
使用標高 2000m以下
オーバーボルテージカテゴリ 2以下
汚染度 2以下
内部消費電流 0.7 A (DC5 V)
質量 0.2kg

性能仕様

項目 仕様
形式 VS-Q62B-M2PG
VS-Q62BP-M2PG
VS-Q62B-V1PG
VS-Q62BP-V1PG
VS-Q62B-V2
VS-Q62BP-V2
適用検出器 MRE-32SP062 MRE-G□SP062 RP-3020
PRB□
VRE-P028
VRE-P062
VRE-16TS062
位置検出方式 アブソリュート位置検出
分割数 4096分割×32回転

409.6分割×320回転
8192分割×1回転 65536分割×1回転
検出軸数 1
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置データ
サンプリングタイム
0.2ms
応答時間 0.4ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、現在値設定、A/B相パルス出力(VS-Q62BP)
最大センサ
ケーブル長
標準(S) 100m 100m 100m 100m -
ロボット(RBT) 40m 70m 70m 100m 100m
項目 仕様
形式 VS-Q62B-C
VS-Q62BP-C
VS-Q62B-LP
VS-Q62BP-LP
適用検出器 CYLNUC
CSA, SBA, SBH
VLS-□PS
位置検出方式 セミアブソリュート位置検出 アブソリュート位置検出
セミアブソリュート位置検出
分割数 12.8mm/8192分割×ピッチカウント 8.192〜32mm/8192分割×ピッチカウント
検出軸数 1
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置データ
サンプリングタイム
0.2ms
応答時間 0.4ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、現在値設定、A/B相パルス出力(VS-Q62BP)
最大センサ
ケーブル長
標準(S) 100m 60m
ロボット(RBT) 50m 30m

入出力仕様

項目 仕様
入力 入力信号 現在値設定入力…1点
入力回路 DC入力、フォトカプラ絶縁
定格入力電圧 DC12V DC24V
定格入力電流 3mA 6.5mA
使用電圧範囲 DC10.2V〜30V
ON電圧 DC10V以上
OFF電圧 DC2V以下
コモン方式 2点1コモン(コモン端子:B1, B2)
パルス
出力*1
出力信号 A+/A-、B+/B-
出力回路 ラインドライバ出力(AM26C31C相当)
最大負荷電流 ±20mAmax./1点
差動出力電圧 2.0V以上 (Io=20mA)
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
最小負荷抵抗 100Ωmin.
外部供給電源*2 0.2A (DC5V:DC4.75〜5.25V)
最高周波数 100kHz
外部接続方式 24ピンコネクタ
  • *1:VS-Q62BPのみの機能です。
  • *2:パルス出力回路に、外部供給電源(DC5 V)が必要です。

外形図

  • PDFダウンロード

MELSEC-Qシリーズ対応 2軸タイプ VS-Q262

VS-Q262は三菱電機製MELSEC-Qシリーズに対応した2軸タイプのPLCユニット型位置決めコントローラです。アブソコーダ検出器を2軸接続し、簡単に位置決めを実現します。

写真:MELSEC-Qシリーズ対応 2軸タイプ VS-Q262

形式選定

VS-Q262-[1]

[1]適用検出器
記号 検出器
M2PG MRE-32SP062/MRE-W32SP062/MRE-G□SP062/MRE-WG□SP062(□:64/128/160/256/320)/ラピナック/ワイヤランナ
L VLS-256PWB/VLS-W256PWBC4/VLS-512PWB/VLS-W512PWBC4/VLS-1024PW
VLS-512PYB/VLS-1024PYB/VLS-2048PY
M VRE-S028/VRE-S062/MRE-32SS062/MRE-G□SP062

適用システム

適用CPU Q00JCPU Q00CPU Q01CPU Q02CPU Q02HCPU Q06HCPU
Q12HCPU Q25HCPU Q02PHCPU Q06PHCPU Q12PHCPU Q25PHCPU
Q04UDPVCPU Q06UDPVCPU Q13UDPVCPU Q26UDPVCPU Q12PRHCPU Q25PRHCPU
Q00UJCPU Q00UCPU Q01UCPU Q02UCPU Q03UDCPU Q04UDHCPU
Q06UDHCPU Q10UDHCPU Q13UDHCPU Q20UDHCPU Q26UDHCPU Q03UDECPU
Q04UDEHCPU Q06UDEHCPU Q10UDEHCPU Q13UDEHCPU Q20UDEHCPU Q26UDEHCPU
Q50UDEHCPU Q100UDEHCPU Q03UDVCPU Q04UDVCPU Q06UDVCPU Q13UDVCPU
Q26UDVCPU Q06CCPU-V Q06CCPU-V-B Q12DCCPU-V Q24DHCCPU-V Q24DHCCPU-LS
Q01WCPU-W1-J Q01WCPU-W1-CF-J Q01WCPU-W1-E
Q01WCPU-W1-CF-E PPC-100-DC5511 PPC-100-DC5311
リモート
I/O局
QJ72LP25-25 QJ72LP25G Q72BR15      

システム構成

図:システム構成 1回転型(VRE) 多回転型(MRE) 直線型(VLS) センサ内蔵製品(ラピナック) センサ内蔵製品(ワイヤランナ) 防水型 多回転型(MRE)

仕様

一般仕様

項目 仕様
使用周囲温度 0〜55℃(結露・氷結しないこと)
耐振動 JISB3502
IEC61131-2
に準拠
断続的な振動がある場合 掃引回数
周波数 加速度 振幅 X,Y,Z各方向10回
(80分間)
10〜57Hz - 0.075mm
57〜150Hz 9.8m/s2(1G) -
連続的な振動がある場合
周波数 加速度 振幅
10〜57Hz - 0.035mm
57〜150Hz 4.9m/s2(0.5G) -
耐衝撃 JISB3502、IEC61131-2に準拠(147m/s2(15 G),X,Y,Z 3方向各3回)
使用雰囲気 腐食性ガスがないこと
使用標高 2000m以下
オーバーボルテージカテゴリ 2以下
汚染度 2以下
内部消費電流 0.7 A (DC5 V)
質量 0.2kg

性能仕様

項目 仕様
形式 VS-Q262-M2PG VS-Q262-L
適用検出器 MRE-32SP062 MRE-G□SP062 RP-3020
PRB□
VLS-□PW VLS-□PY
位置検出方式 アブソリュート位置検出 アブソリュート位置検出
分割数 4096分割×32回転

409.6 分割×320回転
VLS-□PW:
256〜1024mm/65536 分割
VLS-□PY:
512〜2048mm/131072分割
検出軸数 2
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置決め機能 制御方式 1方向位置決め、または2方向位置決め
制御出力信号 正転、逆転、高速、低速、ブレーキ解除、一致、位置決め中、動作異常
スイッチ
出力機能
プログラム数 9
スイッチ出力数 スイッチ出力機能専用時:8
マルチドグ数 1スイッチ出力あたり10回
サンプリング
タイム
スイッチ出力/
位置決め出力
1.6ms
現在値出力 0.8ms
応答時間 スイッチ出力/
位置決め出力
3.2ms
現在値出力 1.6ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、位置決め、スイッチ出力、現在値プリセット、JOG運転
最大センサ
ケーブル長
標準(S) 100m 100m 100m 100m 60m
ロボット(RBT) 40m 70m 70m 50m 30m
項目 仕様
形式 VS-Q262-M
適用検出器 VRE-S028, VRE-S062
MRE-32SS062, MRE-G□SS062
位置検出方式 アブソリュート位置検出
セミアブソリュート位置検出
分割数 VRE-S:4096分割×1回転〜4096分割×4096回転
MRE:4096分割×32回転〜51.2 分割×2560回転
検出軸数 2
データ設定方法 シーケンスプログラム
位置決め機能 制御方式 1方向位置決め、または2方向位置決め
制御出力信号 正転、逆転、高速、低速、ブレーキ解除、一致、位置決め中、動作異常
スイッチ
出力機能
プログラム数 9
スイッチ出力数 スイッチ出力機能専用時:8
マルチドグ数 1スイッチ出力あたり10回
サンプリング
タイム
スイッチ出力/
位置決め出力
1.6ms
現在値出力 0.8ms
応答時間 スイッチ出力/
位置決め出力
3.2ms
現在値出力 1.6ms
I/O占有点数 32点(インテリジェント機能ユニット32点)
設定値保存 不揮発性メモリ
付属機能 現在値検出、位置決め、スイッチ出力、現在値プリセット、JOG運転
最大センサ
ケーブル長
標準(S) -
ロボット(RBT) 100m

外形図

  • PDFダウンロード

PROSEC-Tシリーズ対応 AB32N/AB33N

AB32N/AB33Nは東芝製PROSEC-TシリーズT3/T3H 総合コントローラVシリーズmodel3000に対応した2軸タイプのPLCユニット型変換器です。アブソコーダ検出器2軸分の位置情報をバイナリコードで出力します。

写真:PROSEC-Tシリーズ対応 AB32N/AB33N

形式選定

AB[1]N

[1]適用検出器
記号 検出器
32 VRE-P028/VRE-P062/VRE-WP062
33 MRE-32SP062/MRE-W32SP062/MRE-G□SP062/MRE-WG□SP062(□:64/128/160/256/320)/ラピナック/ワイヤランナ

システム構成

図:システム構成 1回転型(VRE) 多回転型(MRE) センサ内蔵製品(ラピナック) センサ内蔵製品(ワイヤランナ) 防水型 1回転型(VRE) 防水型 多回転型(MRE)

仕様

項目 仕様
形式 AB32N AB33N
適用検出器 VRE-P062 MRE-32SP062, MRE-G□SP062 RP-3020PRB□
分割数 4096分割×1回転 4096分割×32回転〜409.6分割×320回転
外部供給電源 0.3A(DC24V:DC21.6〜26.4V)
内部消費電流 0.5A(DC5V)
使用周囲温度 0 〜55℃(結露・氷結しないこと)
質量 0.5kg
検出軸数 2
位置データ
サンプリングタイム
0.2ms 0.1ms
付属機能 現在値検出

外形図

  • PDFダウンロード